新車の買い方

上手な新車の買い方ページでは購入時期による値引き幅の変動や諸費用・諸経費の節約などを解説します。同じ買うなら少しでも安く買いたいのは誰でも同じはず!上手な新車の買い方を学んで少しでも安く新車を手に入れましょう。

値引き幅の大きい月

3月と9月は多くの場合ディーラーの決算月になります。決算を前にしたディーラーは少しでも売上を増やしたいので、いつも以上の値引きをしてでも1台でも多くの新車を販売しようとする傾向があります。

また6.7月と11.12月はボーナス商戦となりますので、他の月より値引きが期待できます。

実際の値引き額は見積を取ってみないとわかりませんし、ディーラーによって様々ですから、複数の見積を依頼して比較することが大事でしょう。

節約できる費用

新車購入の際には車両本体の価格以外にも様々な費用が発生します。その中には自分で動くことで安くできる費用もありますので、以下の事を検討してみてはいかがでしょうか。

車庫証明費用

自動車を取得する際には「車庫証明」が必ず必要です。購入後の自動車を保管する場所があることを証明するものですが、通常この「車庫証明」は取得手続きをディーラーが代行してくれますが当然費用が必要です。
が、ユーザーが自分で車庫証明を取得すれば代行費用は必要ありません。警察署に行けば取得方法を教えてもらえます。
自分で取得すれば代行費用が節約でき、それはつまり実質的な値引きに相当します。

注意点としては見積もり依頼時に忘れずに「車庫証明は自分で取得する」旨、担当者に伝えることです。

注:ここで言う「車庫証明」は陸運局に提出するために警察署で発行されるもので、不動産業者・家主などが発行する(警察署に提出するための)”車庫証明”にかかる費用は別途発生する場合があります。
自分で取得することにより節約できる費用はディーラーの「代行手数料」です。

納車費用

納車費用はディーラーによって概念が違う場合がありますが、ひとことで言えば「配達費用」です。納車費用のカットを要求すれば安くしてもらえる場合もありますので、担当者に相談してみましょう。その際「では納車はお客様がディーラーまで取りに来てください」ということになるかもしれません。まずは担当者に相談し説明を受けてみましょう。

上手な新車の買い方に関連する情報サイト

車リンク自動車に関するサイトをテーマごとに分類して紹介するリンク集です。

自動車何でも辞典下取り調整とは、営業マンや会社の枠を超えて値引きをする場合、そのままでは注文書に値引き額を記載できない時に、下取り車があれば下取り額に値引き分を上乗せするというものです。その他、営業マンや会社の方針・都合などで下取り調整はよく使われるようです。

車の情報倉庫中古車や自動車保険・自動車ローンなどの情報と日本の自動車メーカー各社が製造・販売する車種に関する情報。

自動車博士自動車保険や車検などに関する情報や中古車・買取査定などの話題と各メーカーの自動車の紹介。

車の情報屋日本の各自動車メーカーが製造・販売する自動車の概要や基本スペック、コンセプト・メカニズムなどを紹介しています。

Copyright (C) NCP , All rights reserved.