値引き術

新車値引き術 実践編では見積もり取得時に総支払額で考えることの重要性を解説します。
実際に見積を取ったらどんなふうに検討すれば良いのでしょうか。一番重要な総支払額を検討して見積り額を目標に近づけましょう。

総支払額の抑制

新車の価格で重要なのは「総支払額」です。総支払額は車両本体価格のほかに様々な諸経費を加算したものです。すなわち、車両本体価格だけを見ていると値引き可能な範囲も車両本体価格に限られてしまいます。
新車を安く買うためには総支払額で見積を取り、その総額を抑制すると大きな値引きが得られます。
車両本体価格を値引きしてもらうのは当然ですが、総支払額の中の様々な項目で抑制が必要です。

何よりもまず「総支払額」で見積をとりましょう。見積を取れば何にいくらかかるのかが明確にわかります。ローンでの購入を考えている場合はその利率を知ることもできます。

見積をもらったら細かいところまで詳細に検討しましょう。余分な費用が入っていればカットし、まずは絶対に必要な最低限のベースで考えて計算します。
すると自ずと納得のできる目標(総支払額)が見えてくるでしょう。その目標と見積金額の差が値引き要求の基礎になります。

それを頭に入れてオプションや付属品なども加えた数パターンを検討し、総支払額と「できあがった車」で納得のできる組み合わせを見つけます。

いずれにしても、見積を依頼するのが最初の重要な一歩となります。是非見積もり依頼をしてみましょう。

総支払額の抑制の具体的な方法

車両本体価格

車両本体とメーカーで設定されているオプションの項目。
メーカーオプションとして設定するよりも、ディーラーオプションで設定したほうが安くなる場合もあります、担当者とよく相談して検討してみましょう。
もちろん逆にディーラーで後付すると高くなる場合もありますので注意が必要です。

ディーラーオプション・特別仕様・付属品

特別仕様に関しては値引きはあまり期待できないようです。
パーツは工賃くらいは値引きしてもらえる場合も多いようです。付属品に関しても値引きしてもらえる場合が多いようですので交渉してみましょう。

諸費用

車庫証明費用や納車費用など新車購入にかかる費用です。
自分で動くことで費用のかからないものもありますので車庫証明の取得など自分でも出来ることは自分で行い費用をカットしましょう。
他にもJAFの入会などが含まれている場合がありますので、自分に必要なものだけ選択し、不必要なものは見積から外しましょう。

税金・自賠責保険

自動車取得税や重量税などの税金と自賠責保険ですが、これは値引きしてもらえる余地はありません。

法定手数料

各種手続きで役所に払う費用です。上記同様に値引きは不可能です。

新車値引き術に関連する情報サイト

自動車辞典自動車のよろづ情報ブログ。新車の値引きや中古車価格など市場での相場情報や車種ごとのモデル情報など。

車の情報館新車情報や中古車の価格相場など売買に関する情報と各車のモデル概要など。

車でGO車に関する情報や用語の解説など。

Copyright (C) NCP , All rights reserved.