新車の価格を値引きしてもらう

エアウェイブの新車を値引きしてもらうために重要なのは総支払額です。

エアウェイブを買うときに多くの人は「車両本体価格」を調べて比較しますが、車両本体価格が安くても損な場合があります。購入時の価格で重要視すべきは”総支払額”です。 新車購入の際には車両本体価格の値引き以外にも、下取り車やオプション、モデルチェンジの時期、諸経費、ローン金利など多くの要因が関係しますのでそれらによって総支払額は大きく変わります。従って車両本体価格は安くても損な場合もあるのです。

値引き額の比較だけで判断して損をしないためには、ホンダディーラーで全ての見積を出してもらうことです。ディーラーで見積を出してもらうことによってローン金利や下取り車ほか諸経費など車両本体価格だけではわからない、総支払額が算出されますので出された見積から判断するのが良いでしょう。

エアウェイブ値引き相場を調べる

エアウェイブの値引き相場を調べるならインターネットの見積もりサイトが便利です。

新車値引き幅は地域や季節などによって大きくちがいます。エアウェイブ車両本体価格がいくら安くても他の経費を合わせた総支払額が高くついてしまったのでは意味がありません。是非ご近所のホンダディーラーで見積を取って総支払額を調べてみましょう。
値引き相場は日々変動しており、またちょっとしたタイミングによって値引き価格は変わってきます。 まずは近くのディーラーに見積を依頼し、その見積書の内容を詳細に検討することでより有利な交渉が可能となるでしょう。

エアウェイブの競合車を利用して値引きしてもらう

エアウェイブのディーラーも、競合車(ライバル車)を意識しているので、競合車購入の意思ももっていることを知ると値引きを考えます。 競合車(ライバル車)の見積もりを事前に複数とっておくと値引き交渉の際、有利に商談を進めることが出来るでしょう。

複数のディーラーを活用

同じ系列の違うディーラーで複数の見積もりを取っておくというのも一つの手段です。 同じ系列のディーラーでも別の会社が経営している場合があります。つまりそれは「競合社」ということであり双方とも自分のところで売りたいのは当然です。
従って同じクルマを複数のディーラーで商談に入り、双方の見積を上手に活用して値引きをしてもらいましょう。

下取り車の査定

エアウェイブを値引きしてもらうのも下取り車の査定額を高くしてもらうのも同じことです。
下取りキャンペーンなどを行っている場合はディーラーによって数万円から十万円以上下取り価格に差がでます。 これを値引き交渉に上手に活用すると良いでしょう。もちろん買取専門店による見積を取得しておくのも重要です。

ネット見積を使ってエアウェイブの値引きを勝ち取る3つのコツ

ライバル車の見積を使って値引きを勝ち取る
エアウェイブのディーラーにしてみればライバル車を購入されてしまうくらいなら、値引きをしたほうが良いと考えても不思議ではありません。ホンダエアウェイブの値引きにはライバル車の見積をそろえておくと値引き交渉の際に切り札として使えるでしょう。

違うディーラーの見積を使って値引きを勝ち取る
2つめのコツは同じホンダ系の違うディーラーで見積を取ることです。同じホンダのディーラーでも経営は別の場合も多いので見積り額に差が出る場合があります。

下取り車の査定見積で値引きを勝ち取る
最後のコツは下取り車の査定額での見積もりです。キャンペーンなどで下取り額をアップしている場合もあります。ホンダエアウェイブの値引きにうまく活用しましょう。

新車の値引き交渉を上手く進めても下取り価格を低く設定されていたのでは意味がありません。
「値引きはここまでですが下取り車を高くします」というようなことをディーラーで言われる場合がありますが、「下取りあり」と「下取りなし」の両方で 見積を依頼し、下取り価格を ガリバー の買取価格と比較すればどっちが得かスグに分かります。
またガリバーで買取してもらった場合も新しい車が納車されるまで代車を無料で一定期間貸し出してもらえるサービスがあるので安心です。

Copyright (C) NCP , All rights reserved.